地域によるお葬式の流れの違い

お葬式の流れも地域によって違いがあります。一般的には通夜式を行い、告別式、火葬という流れになりますが、地域によってこれにも違いがあるのです。一般的に、通夜式の翌日告別式、その後火葬という流れは後火葬と呼ばれます。これは北海道、東北以外の地域でよくみられる一般的な流れです。

通夜式の翌日に火葬を行い、その後告別式、となるのが前火葬と呼ばれます。また骨葬と呼ばれるお葬式の流れもあり、この場合、火葬してから通夜式、その翌日に告別式を行う流れです。北海道、東北では前火葬と骨葬が多いといわれ、その他の地域は一般的な後火葬といわれています。しかし北海道、東北でも後火葬、骨葬にしないということもあるので、これは一概に言えないことです。こうした流れの違いがあると理解していないと、お葬式に参列してびっくりすることもあるでしょう。

ただ、同じ地域でも後火葬と前火葬が混在している事があり、地域性、また境界線がわかっているということもないのです。お葬式の流れについては同じ地域でも、親族によって違うこともあるので、親族にどのような流れで行うのが正しいのか確認することが大切です。聞ける親族が近くにいない場合、近隣の見識者の方に確認してみるほうがよさそうです。

東京でも首都圏などでは火葬場が常に込み合っている事もあり、火葬する日程によってお葬式の流れを変える事もあります。いずれしても初めてお葬式を取り仕切るという時には、地域のお葬式に詳しい人にどのような流れになるか聞いてから準備をする方が安心です。